神田日勝記念美術館で展示をします。

 

2018年9月4日(火)から10月14日(日)まで、北海道鹿追町にある神田日勝記念美術館にて、作品を展示させていただける事になりました。

 

「牛の足音」-冨田美穂 牛の木版画展-

2018年9月4日(火)~10月14日(日)

神田日勝記念美術館2階展示室

 

神田日勝記念美術館 

〒081-0292

北海道河東郡鹿追町東町3丁目2

開館時間 : 午前10時~午後5時

休館日 : 毎週月曜日(祝日の場合は開館)祝日の翌日(土日が重なる場合は開館)

観覧料 : 一般 520円、高校生 310円、小中学生 210円

 

神田日勝は、戦後の北海道鹿追町で開拓農家の子として育ち、農業をしながら画家として32歳の若さで亡くなるまで、短くも激しい生涯を生きた画家です。

 

日勝の作品は北海道に来てから知りました。初めて美術館に行ったのは確か12年ほど前で、その時からずっとリスペクトと共感とが入り混じった憧れの気持ちがありました。

まさかいつか一緒の空間で作品を展示できることができるなんて思ってもいなかったので、お話をいただいたときは本当にうれしかったです。そして、あの馬や作品たちと自分の牛の版画が並ぶ事へのプレッシャーもひしひしと感じています。

 

けっこう広めにスペースを使わせていただける事になったので、今作っている新作と、太郎賞の時の大作などの旧作とを並べさせてもらう事になると思います。

 

また詳細は近くなったらお知らせしますね!

 

画像は神田日勝記念美術館の年間スケジュールから抜粋しました。