牛の足音ー冨田美穂牛の木版画展ー始まりました。

まずは、このたびの台風21号と、北海道胆振東部地震で被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。

震源あたりは本当に被害が大きく、胸を痛めております。

 

ご心配下さったかたもいらっしゃるかと思いますが、このあたりは震度3と揺れも少なく、停電はありましたが2日ほどで復旧し、今は物流も回復し、元気にやっています。

 

被害の大きかった地域の一日も早い復興を祈っております。

 

9月4日より、鹿追町神田日勝記念美術館にて、牛の足音―冨田美穂 牛の木版画展―始まりました。

初日から2日後の地震で、鹿追では震度4だったそうですが、作品の無事は学芸員さんがすぐ確認してくださり、6日だけの臨時休館で、7日からまた通常通り開館しております。

 

初日4日から、台風が近づく中、たくさんの方にお越しいただきました。

憧れの神田日勝記念美術館の空間に、日勝さんの絵と並んで自分の作品が並ぶ日が来るなんて…思いもしませんでした。

本当にたくさんの方に助けられ、この場所に作品を持ってくることができました。

いくら感謝しても足りません。本当に、ありがとうございました!

 

そしてまだ落ち着かない中、9月15日にアーティストトークも行いました。

71人もの方は来てくれたそうで、大変驚いております。

 

あとは最終日の10月14日に会場におります。

せっかくなので、最終日も13時30分からもう一度アーティストトークを行う事にしました。

お時間のある方、お越し下さるとうれしいです。